着物とダイエットの微妙な関係(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

着物を着て生活している方の中で、もしかして「久しぶりにスカートを履こうとしたら、きつくなっていた!」というご経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

着物は、前を合わせて着るもので、ボタンもファスナーもありません。なので、多少ふくよかになっても違和感なく着られてしまったりします。

もちろん、10kgとか20kgとか増えてしまうと違和感があるどころか、着られなくなってしまうこともあるかもしれませんが、ちょっとぐらいだったら問題なく着られます。

着物はダイエットの敵?味方?

多少の体重増加には問題なく対応できてしまう着物。ということは、着物はダイエットの敵なのでしょうか?

私の愛読書の一冊に、「着物はからだにとてもいい」というものがあります。


この本の中では、「着物を着て生活していると、お腹の部分が安定して、余計な食欲が出ないので、自然と痩せられる」という経験談が書かれています。

これはたぶん、個人差があると思います。帯でお腹が支えられて、変にお腹が空かないような気がする人は、自然と痩せられますし、着物は前合わせの衣服だからと油断してしまう人は太ってしまうという感じかもしれません。

私自身の経験からすると、何となく、着物を着ている時には暴飲暴食をしないでいられるような気がします。何というか、着物を着ると気持ちがシャキッとして、ダラダラ食べているという状態にならないようにと、気持ちのどこかに「けじめ」みたいなものが出てくる気がします。

一昨年ぐらいに何だか油断して人生でいちばん体重が増えてしまったことがありました。お嫁に来た頃46kgだったのが、52kgぐらいになったんですねぇ~。着物は電車に乗ってちょっと都会へ出る時ぐらいしか着ない生活でした。(多くて月に2回ぐらい)

それで、11月にご近所の息子さんの結婚式があって、夏ごろに招待状をいただいたんです。

着物で行くつもりではあったのですが、当日の天候によっては洋服に変更という可能性もあったので、クローゼットからフォーマルな洋服を出して着てみました。

すると・・・ウエストがきつくて、着られることは着られたけれど、身動きできない(笑)という状態に!

それで、新しい洋服を買うか、ダイエットするかの選択を迫られたのです。

基本的に、フォーマルな場所へは着物で行きたいと考えている私。天候不良の時の保険である洋服にお金をかけて、結局着る機会がないうちにデザインが古臭くなったら・・・。

そう考えると、ダイエットをするしかないという結論に達しました。

一気に減らすとリバウンドしそうだったので、8月からダイエットを始めて11月までにとりあえず4kg減らそう!と決めました。

毎日、食べた物を記録して、適度に歩くようにして、お菓子はほんの少しにして、結婚式までに3.5kg減りました。

結局、着物で行ったので、ダイエットの効果自体は役に立ちませんでしたが、それがきっかけで日々の食べた物を記録するアプリを使い続け、48kgに落ち着いて、今のところ体重が増えても1kgぐらいで、気をつければ戻るぐらいの状態をキープしています。

もしかして、普段は洋服でたまに着物という生活だと、油断してしまうのでしょうか(笑)。

日頃はいているジーンズは、少しゆったりサイズなので、多少の体重増加はあまり影響がないんです。それが危険なのかもしれませんね。

着物は前合わせだから多少は大丈夫かもしれませんが、帯締めを結ぶ時などに多少、長さが違う感覚がしたりするので「これはまずい」と注意するきっかけにはなります。

一般的に、1kg太るとウエストが1cm増えると言います。フォーマルなスカートだったら顕著に感じるでしょうけど、帯締めだって結構な違和感かもしれませんね。

気づいたら話がそれているような・・・。

「着物はダイエットの敵か、味方か」というテーマ、どちらかを選ぶなら、「味方」だと思います!思いたい!

着物を着ると気持ちがシャキッとするので、ダラダラ食べなくなる。

毎日着物を着ていると、帯締めの微妙な感覚で太ったかどうかがわかる。

お腹の部分が安定して、余分な食欲を感じなくなる。

外出先では、「着物であんまりがっついたらみっともない」という意識が働いて、あまりたくさん食べなくなる(ような気がする)

以上の理由から、着物はダイエットの味方だと思います!