着物は高い?いいえ、そうとも限りません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

着物に憧れ始めた頃、「着物って高いんだろうなぁ・・・」と思っていました。それまで、嫁入り前に祖母がプレゼントしてくれた訪問着一式しか持っていなくて、もったいなくて着られない感じがして、独学で学ぼうと思っていた着付けの練習にはとても使えないし・・・と悩んでいました。

でもふとインターネットで着物リサイクルショップ「かないや」さんのページをみつけまして、「そうか、リサイクル着物ね!」と思いました。

リサイクルでよければ、着物は安く入手できます!

まず着付けの練習用にするには、安いリサイクル着物で十分です。それで着られるようになったら、少しずつ増やしていけばよいわけです。

そんなわけで、最初は「かないや」さんの着物や帯をいくつか買い求めました。

紬や小紋を着るようになったのは、この時からです。

そのうちに、もしかして実母の着物が実家にあったかも!と思い、父に電話して聞いてみました。

数日後、祖母から電話があり、「いい大島紬があるよ。小紋もいいのあるよ」と言うので、送ってもらうことに。

届いた着物の中にあった大島紬は、素敵ですが裏地(胴裏)が変色してシミだらけになっていました。幸い、八掛は無事でしたので、近くの着物お手入れのお店にお願いして、胴裏交換で仕立て直してもらいました。

母は私より10cm身長が低かったので、足し布をしてもらいました。

小紋は、白地に細い線の菊花の総柄で、ちょっと改まった場所にも着て行けそうでした。

こちらも身丈が足りなくてお直し。この着物は「内揚げ」が多めだったので、足し布は必要なかったです。

そんなこんなで、リサイクル着物を買わなくても母のがあったわけです(笑)。

その後も、叔母のお下がりの着物がやってきたり、知人のお下がりがやってきたり・・・。

嫁ぎ先の親戚からもお下がりがやってきて、あっという間に衣装持ちに(笑)。

でもまあ、譲られる着物って、そんなに好みじゃないものもありますよね。

なので、やはり便利なのはリサイクル着物屋さんです。

よく利用するのは、シンエイさん、かないやさんですが、高崎にたんす屋さんがあるので、時々行きます。

もしかしてたんす屋さんってネット販売していないですよね。でも、行くと何かしら掘り出し物があります。

去年、道行コート1,080円という日があって、喜んで2枚買ってきてしまいました(笑)。

あと、ヤフオクやメルカリも活用しています。実物を見ることができないので、じっくり考えないといけませんが、たまにすごい素敵な掘り出し物に出会えます。

着物と帯を合わせて5,000円というコーディネートの日もあります。

リサイクル着物を買う時、私はまず必ず「身丈」と「裄」と「褄下」をチェックします。

身丈は自分の身長ぐらいがちょうどいいです。裄は、長襦袢や羽織やコートを着ることを考えて、肩幅が長襦袢と同じで、袖幅が長襦袢より5mm~1cmぐらい長いものを選ぶようにしたいところですが、リサイクル着物はたいてい裄が短いです。

その場合、お直しが必要になります。最初は専門家にお任せしていたのですが、裄直しはだいたい1枚4,500円から7,000円ぐらいかかります。

それで、自分でできるようになってみました!

ついでに、袖丈も自分で直せるようになってみました。

やってみると意外に簡単です。

一時はヤフオクで裄直しと袖丈直しを請け負っていましたが、アロマテラピー教室を始めた時にやめました。意外に依頼してくださる方が多くて驚きましたね。

多い時は年間10万円分ぐらい、お直しを頼まれてました。

また始めてもいいかなぁと思うこともあるのですが、今年はアロマテラピー教室とハンドメイド作品販売に力を入れようと決意したので、ちょっと悩んでいます。

再開する決心がついたら、またご案内します(笑)。