2018年初詣の着物コーディネート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

着物大好き田舎暮らし40代主婦の星屑倶楽部です。

自分で着物を着られるようになると、お出かけしたくなります。というより、お出かけする場所に着物を着て行きたくなります。

その場合、楽しみなのは、コーディネートです!

洋服ではしないような色合わせなどを楽しめてしまうのが、着物です!

普段と違う自分を演出することができるかもしれませんね。

というわけで、着物コーディネート実践編。まずは初詣から。

2018年、初詣はフリマアプリでゲットした縮緬の辻が花文様の小紋です。

落ち着いたピンクが気に入っています。

帯はちょっとラメが入った袋帯。実はリバーシブルです。

これもリサイクルです。

正月らしく、南天の帯留にしました。

南天は、「難を転じる」ということで、縁起の良いアイテムです。

絞りの羽織で温かくしていきました。

普段、私は帯のお太鼓を先にクリップで作っておいて、それを背負って帯結びをしています。

なので、クリップを6つ使うのですが、実はこの日、帯のクリップを2つ外すのを忘れて出かけていました。

帰ってきて帯をほどいたら、クリップが2つついていました。

一瞬、「あら!」と思ったのですが、羽織を着て行ったので大丈夫でした(笑)。

今年はたくさん着物を着たいです。