着物の着付けは補正がいらない私なりの理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

着物の着付けは独学でも身に付きます。

経験上、これは本当です。

実は、自分で着物を着られるようになった背景には、私の場合、補正をできるだけ少なくすることで着やすくなったということがあります。

着付けに補正は必ずしも必要ではないんです。

まずは「着物を着る時には補正をしなければならない」という思い込みを捨てましょう。

着物を着る時に補正をしなければならないということはありません。

何故かというと、裾よけの上の部分が補正になるからです。

それ以外に補正のためのタオルなどを巻いたりすると、正直、ビア樽みたいになってしまいます。補正はできるだけ少なくしましょう。その方が簡単に、きれいに着られます。

もちろん、補正があった方がきれいに着られるという方もいらっしゃると思います。その場合は、そのままで良いと思います。

要は、自分の体型や主義にあった着付けでいいのです。

話を戻しますね。

裾よけが補正になるという話でした。

着物スタイリストの大久保信子さんが著書の中で教えてくれている裾よけは、一般的なものよりも上のさらしの部分が多いです。そのさらしの部分を、身体に巻いた時にクシュクシュっとすると、ちょうどよい補正になるんです。

大久保流の裾よけは、一般的な裾よけを改造して作れます。

普通の裾よけを買ったら、紐がついている部分の布と、下のスカート状の部分をほどいて別々にします。

さらしを用意して、先ほど別々にしたスカート状の布のほうに、さらしを縫いつけます。ミシンで大丈夫です。

その時、もともとの裾よけのスカート状の部分よりも、さらしのほうが左右ともに30cmぐらいずつ多く出るようにしてください。

で、両端のさらしが出ている部分の下側を三角に折り上げます。

折った部分がひらひらとならないように縫いつけておきましょう。

先ほど別々にした、紐がついていた方から紐を取り外し、新しく付けたさらしの上から4cmぐらいのところにつけ直します。

下手な図でごめんなさい。しかも、紐が何か変ですが・・・(笑)。

上の図で、紐がついている部分は、さらしの幅をいっぱいにつかっていますので、30cm以上あります。このさらしの部分をクシュクシュっとすると、ちょうどよい補正になるわけです。

そして、お腹のお肉を下からなでるように押さえつつこの裾よけを身につけると、ぽっこりお腹もカバーできます。

そうすると、着物を着た時にスッキリ見えて、一石二鳥です。

裾よけをつけた後で肌襦袢を着ましょう。

それから長襦袢です。

長襦袢にも、着る時のコツがあります。

それは、衿でバストを大きく包み込むように着ることです。

ただ単に衿が交差していればいいのではないんです。

衿は、先のほうまでつながっていて、きちんとバストを包み込むように着ていないと、着崩れの原因になります。動いているうちにだんだん衿が詰まってきたり、開いてきたり、左右の衿のずれが生じてきます。

それを防ぐためには、しっかりとバストを覆うように長襦袢を着ましょう。

これも、大久保先生の本に書いてあります。

大変便利な本ですね。私は、いつでも読めるところに置いてあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてくださる方はこちら

コメント

  1. 毎日着物着たいです。 より:

    はじめまして。子供の卒業式に式服を着られるようにと、三ヶ月前くらいから教室に通っています。
    とても優しくて良い先生ですが、一点、「補正のしすぎではないのか?」とここ最近自問しております。私は40なかば、はっきり言って寸胴体型、骨格自体も横長なのですが、同時期に入ったほっそりしている方と同じボリュームで同じ所に補正し、自分でもできあがりは「胸よりお腹や脇腹が出ている」と感じます。プロに習えば美しくなるというわけでもないんだなーと。自分の体は自分が一番よく知るということで、式自体はかなり自己流補正にするつもりです。大久保先生の本もみてます。あれくらいでいいですよね。

    • 星屑倶楽部 より:

      はじめまして。コメントありがとうございます。おっしゃる通りだと思います(*^_^*)。
      「型にはまった補正」ではなく、「自分の体型に合った補正」でいいのです。
      「七緒」を見ていると、「-5kg着付け」という特集もあったりして、「補正しすぎない」というのが少しずつ浸透しているような気がしますね。特に普段着の着物に関しては、大久保先生の本の感じで
      十分と思います。
      着付けが終わって鏡を見た時、普段の自分よりも太って見えたら残念なので、何度も着付けをして行くうちに、ちょうどよい補正具合をみつけたら良いのではないかと・・・。
      実は私も、まだまだ旅の途中です。最近ちょっとアンダーバストに多少は補正しようかと思うことがあります(笑)。